プライベートエクイティ・インパクト・SDG

JIキャピタルパートナーズについて

2018年に起業したJIキャピタルパートナーズ(JICP)は、その幅広い未公開株・ESG・インパクト投資の経験と数々の高インパクトセクターにおける知見と人脈を活かし、有望な中小企業への成長投資を通じて、社会と環境に対するプラスのインパクトと投資収益の両立を目指します。

JICPはシンガポール金融管理庁(MAS)のCMS免許を保持、またG7の2Xチャレンジの下で欧州投資銀行(EIB)によりジェンダー・スマートなファンドマネジャーに認定されています。

経験豊富なチーム

JICPは、経済・環境・社会の持続性に配慮した投資がアジアの未来の成功のカギを握るという信念を共有し経験豊富で先進的な投資家チームです。

メリッサ・カン

創立者&パートナー

JICP の事業全般、特に社会インフラ投資とESGに注力。アジアでのPE投資に20年以上携わり、2012年よりESG・インパクト投資を開始。前職:Morgan Stanley,IFC,ING,3i

キエンウン・ヤップ

創立者&パートナー

JICP の事業全般、特にアグリ分野の投資とポートフォリオ管理に注力。アジアでのPE投資に20年以上携わり、2012年よりESG・インパクト投資を開始。前職:東アジアの食品・アグリファンド,ING,3i,Anderson Consulting

氏岡庸士

創立者&パートナー

JICPの気候変動分野での投資を統括。15年のPE投資経験を含め、アジアと欧州で環境・エネルギーSDG関連分野で20年以上の経験。2004年よりESG・インパクト投資を開始。前職:Armstrong - 東南アジアの再エネファンド,Veolia,Suez